トランスフォーマーと任天堂を愛する個人のブログ
[1627]  [1626]  [1625]  [1624]  [1623]  [1622]  [1621]  [1620]  [1619]  [1618]  [1617


TFの新しい玩具がいくつか公開されました。

 
(記事の画像元はTFW2005さん。)

パッケージアートと思われる絵も公開されています。
オプティマスとグリムロックですね。





公開された玩具は簡易変形の物がほとんどで、
複雑な変形の好きな私を興奮させる物ではありませんでした。
しかし、玩具から推察される事実は私を熱くさせるものでした!





今回は公開された玩具の一部を私なりにサクっと考察してみます。






(記事の画像元はTFW2005さん。)

まずはコイツです。
ランボルギーニから変形するロックダウンです。


簡易変型判ということもあり造形も今ひとつですが、
このロボットの形状はスーパーボウルトレイラーで公開された
あのロボットの形状と一致する部分があります。







この顔面大砲ロボです。


両肩の突起物が似ています。



 
(記事の画像元はTFW2005さん。)

パッケージアートにはロボモードの姿が描かれています。
(このデザインで決定かどうかは不明です。)
見切れちゃってますが、やはり肩の形状が酷似しています。


それと、映像でもそうでしたが目が緑色に発光していますね。
ロックダウンのイメージカラーを踏襲したものと思われます。


しかし、TFの目の色は敵味方を判断する目安(例外はある)となる重要なもの。
これまでの青、赤以外の色が出てくるとなると無視できません。
彼はディセプティコンでありながら傭兵のような立ち位置だったので
映画でも緑目の第三勢力として活躍するのかもしれませんね。










 
(記事の画像元はTFW2005さん。)

これは簡易変型判のグリムロックです。
こちらは簡易変型判にしては素晴らしいディテールです。





しかし、映像のものと比べるとおもちゃ感がぬぐえないのは確かです。



 
(記事の画像元はTFW2005さん。)

注目は玩具とはいえロボモードが公開されたことです。
現物と比較できないのが惜しいですね。
でも、玩具としては、まとまりの良いデザインが素晴らしいです。


このグリムロックはライト、サウンドギミック内蔵だそうです。
そのため、一般的なTF玩具にはない魅力はもっていると言えますね。
自力で塗装したら結構かっこよくなりそうな気もします。










 
(記事の画像元はTFW2005さん。)

コイツにも触れておかなくてはなりません。



映像に登場したコイツと同じTFと思われます。



ビークルモ-ドはこれですね。コルベット。
正確には変わらなかったのですが、おそらくクロスヘアーズというTFです。
ゴーグルを着けた顔はなかなか魅力的。


映像で見られた腰布の部分は簡易変型判では盛大なガワで処理されてますね。
他の玩具ではどう処理されるでしょうか?













実写映画系から離れますが、ジェネレーションズ版の玩具も公開されました。
以前から情報が漏洩し、その真偽が話題になっていたジェットファイア(画像左)。
そして、TFファンがデザイン案を出し合って生まれたウィンドブレイド(画像中央)。


画像はこの映像が元になっています。



ジェットファイアは非正規品という噂もありましたが正規品でしたね。
しかし、ぶっちゃけ見た目が○ルキリーなので日本で発売されるかー・・・
猛烈に・・・それはもう強烈に不安なアイテムです。
輸入ショップでも競争率が最大レベルになるでしょうね。


ウィンドブレイドは歌舞伎役者のような顔が印象的なTFです。
複雑な塗装になると思いますが、サンプルでは中々の再現度に見えます。
剣も付属しているのが嬉しいですね!










定期的に新作が公開されるTFは常に私たちを熱くしてくれます。
しかし、そろそろ通常のTF玩具を見て安心したいところです。
そして、実写映画の黒幕も次の映像で公開されないかな~と期待!










この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
ブログ内検索
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
アオオニ
性別:
男性
趣味:
玩具いじり
アクセス解析
忍者アナライズ