トランスフォーマーと任天堂を愛する個人のブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

映画「ズートピア」の主役ジュディがリボルテックに登場ということで
かなりテンション上がっているけど実は映画まだ観てない筆者ですw



たしかワンフェス2017夏で原型が初公開されたんでしたっけ?
その時はまだ未彩色でしたが、かなり期待できる造形だったので
予約が始まるのを楽しみにしていました・・・!


商品画像を見てみると、さすがは海洋堂!
「動物の造形はお手のもんだぜ」と言わんばかりの出来栄え!







余談ですが・・・“動物を擬人化したキャラ”って、むしろ
“人間(の性格)を動物化したキャラ”だと私は解釈しています。
外見に性格が表れているので、よりキャラが魅力的に感じられます。
私がトランスフォーマーを熱烈に好きなのもソレの影響と思います。


で、そんな私からするとバッファローの彼はすごく魅力的!
彼もリボルテック化しないでしょうか・・・?
うん、むっちゃハードル高いっぽいよねw







さて、話を戻して・・・ジュディの付属品を見てみます。
おっ!?最近のリボルテックはこのスタンドがデフォなのか~!
・・・と言う地味な発見はさて置き・・・。


もう、一目で解りますが表情パーツがかなり気合入ってますね!!
全5種付属というだけでも他のフィギュアより豪華な感じですし、
表情が完全にバラバラ、かつ どれも魅力的です・・・!!
(他の付属品に特筆すべき点は無いようにも思えますが(汗))








もぉ~~、この表情だけでプレイバリューの高さを感じます!!
眼球のツヤツヤ感も良い具合に見えます。







更に!眼球可動ギミック内臓!!
たぶんリボジュディ以上に表情豊かなフィギュアって
この世に存在しないんじゃないかな・・・?







可動に関してはリボルテックにしては珍しく
胸部、腹部、太ももの付け根にボールジョイントを採用してます。
これにより(可動は優秀だけど)クセのあるリボルバージョイントに
慣れていないであろう一般客(?)層も遊び易くなっていると思います。


逆に、そもそもリボルバージョイントが好きなんだという
私みたいな少数派(?)は若干可動範囲が心配のような、そうでもないような。
実際、ジュディはリボルテックにしては画像数少ないんですよ・・・。
もっと「こんなポーズもできるよ!」てのを見たかったなぁ。
せめて表情毎に1枚欲しかったところ。







figure comprex MOVIE RIBO Series No.008 ジュディ・ホップスは
6,458円で12月23日発売予定(Amazon情報)です。


来年には相方も出るみたいですし、そっちも楽しみです。
そろそろ映像のほうもチェックしたいw










特撮リボルテック(シリーズ特設サイト)






この夏最大の注目作(私が確定)
トランスフォーマー最後の騎士王」を観ました!



まだ公開されて1月経っていないですが、
深く食い込んだ話を書きたいのでネタバレありです。
そこで、この記事の本編はリンクをクリックして
見てもらう形式にしました。


それでは、続きを読む場合リンクをクリック!







アメイジング・ヤマグチシリーズの最新作マグニートーが予約開始してます。
最近はリボルテック系を記事にすることが少なかったんですけど、
ワンフェス17夏の発表は久々に心が熱くなりました!
ズートピアのニックとジュディも楽しみ!



さて、このマグニートー、ご覧のとおり ただ“アクションフィギュア”と
形容するだけでは物足りないような豪快な可動が仕込まれています。
さすがはリボルテック系ブランド!この荒々しさを表現するのは
並みのアクションフィギュアでは困難でしょう。







他の追随を許さないブランドのマグニートー!よく動く!動きまくり!
そして、本品の大きな見所となっているのが迫力MAXの可動マント









造形と可動が相まって(現実的にありえなさそうな)
アメコミっぽいバッサバサ感を再現できます!!


まぁ、コレはマントに可動のための切れ目が
できるので、好き嫌い分かれる可動ではあります
でも、私はリボルテック北斗の拳シリーズでラオウとカイオウの
マントが大好きだったので、久々にあの可動をいじれるかと思うと
かなりワクワク!(しかも、マグニートーのほうが可動箇所が多い!)







そしてそして!かなり嬉しかったのがヘルメット外した状態にできる事!
マグニートーの老け顔(でも厳つい)がカッコイイィ・・・!





表情パーツは歯を食いしばる顔と合わせても2種と少な目ですが、
ヘルメット着脱ギミックに加え、なんと眼球可動もあるので
見た目の印象は多彩です!このサイズによく仕込んだなァ。







(そう言えば、ハンドオプションも少ないなぁ・・・。)
ヘルメット無しのパーツ以外にも面白いのがエフェクトパーツ





こうして磁界王の力を発揮したシーンを表現できるわけですが、
このエフェクトパーツにはギミックが仕込まれておりましてー・・・



マジで磁界を操る能力がある(?)んですwwwww
まぁ解ると思いますが、そう、磁石が入っていて
金属がくっつけられるというギミックです。


磁力の強さによってはスパイダーマンみたいに
(金属の)壁面にホールドさせて飾ることもできるかもしれません。







・・・クリップに見えたか・・・・? 迂闊な人間め・・・

これこそホモスペリオルの能力を増強する隕鉄・・・

X capasty augmenter・・・XCAダ・・・!


などと勝手に想像して遊ぶ能力が鍛えられそうですw






て言うか、本来の使い方は圧倒的にこうだと思うw







フィギュアコンプレックス アメイジング・ヤマグチ
No.006 Magneto(マグニートー)は7,452円で11月発売予定。
コレは楽しみです・・・!










海洋堂(メーカー) ホームページ




MPM-4オプティマスプライムの予約が始まり、日本仕様の画像が
公開されているので今日はそれについての感想を書いていきます。


最初に言っておくけど、かなりネガティブな記事だからね?
まぁ、TFファンなら予想はついてると思いますが。
さぁ、覚悟を決めなヨお客さん・・・。




オォォ・・・!!
(*゚∀゚*)-3


これがマスターピース・・・最高峰のムービーオプ日本仕様か・・・!
海外のサンプルにあった変形ミスも無いようです。さすがタカトミさん。
まぁ、そもそも海外のサンプルがMPブランドの面汚しだったんですけど。
うんうん!ボンネットとマフラーの固定も悪くはなさそうですね!







お~~。こっちから見てもカッコイィ~。
(*゚∀゚*)







お~。こっちから見ても・・・。
(*゚∀゚*)



って、同じじゃねぇかぁ~~~www!!??
 ゚`。+:゚(゚ε゚:)



自信があるからこその複数見せなのかもしれませんが、
フツーこの流れだと斜め後ろから1枚欲しいところですぞw
TOYレビューやってた頃の私だったらエンブレムも
アップで撮るけどなぁ。(それも要らんケドw)


あと、ロボの武器をまとめて荷台(?)に載せておけるとか、
MP-10オプティマスのトレーラーを牽引することができるとか
(公式のギミックじゃなかったらゴメン)、書くべきこと、
写真見せるべきこと、=金につながることがあるのでは。







ロボモード! あぁぁ~~~・・・カッコイイんじゃない!?
海外版を見て以来、不安の嵐が心に吹き荒れていましたが
少なくともこの日本版サンプルは割とイイ感じです。
(でも、足の内側の変形忘れてないかな・・・?)


しかししかし、先日のワンフェスで(写真で)見たコイツからは
MPブランドに相応しくないチープさを感じていたのでした。
最大の原因はズバリ成型色ゥ・・・!!




肩に注目してください。
(サンプルでは塗装されているようにも見えるが)海外版よりも
明るいグレーになっているようです。この明るさがチープに見せている?
私はこの逆の事が起こると思っていたんですよ。暗めの成型色にすると。


海外版よりも全体の一体感は増したように思うんですが、
全体を渋めの色にしたら良いような・・・? うむむデアル!


あと、そもそもこの画像はマスクチェンジギミックのために
用意された構図の気がするんですが、マスクオフの画像はどこ?
多分、商品説明まで目を通して買う人のほうが少数派だと思うので、
画像を載せておかないと無いことになってしまうのでは?うん、なる。







この画像は本品の可動範囲の広さが伝わってくる良い画像ですね。
(まぁ、真正面から撮りすぎて迫力を欠いているとは思っちゃいますが。)
しかし、同時に私が一番気にしている部分が目立っている画像でもあります。




ここです!ここ、赤でしょ!?
(`▲´:)



うむ!うむうむ!今、私の画像フォルダーが火を吹いたわけですが、
どの画像を見てもここがグレーということはありませんゾぉ~~!


何故にWhy!?
(今日一番の大声)

。゚(゚´Д`゚)゚。


世界最高峰、いや世界最高の変形トイであるとは言え
物理的にムリな変形があるならある程度は受け入れる、
技術的に不可能と言えるのであれば、ある程度は・・・!
でも、これは塗るか塗らないかで・・・パタン・・・(気絶)


この商品のコストをケチって会社の財布をちょこっと温めるか、
最高のモノを作って客からの信頼をちょこっと勝ち取るか、
どっちのメリットが大きいんだろうタカトミさんよ~。


前作MPM-3バンブルビーは今まで一度もTFトイを買わなかった友人も
(私の猛プッシュもあり)わざわざ在庫残ってる店探してまで買ってくれた。
私にとってMPムービーブランドこそがTFを布教・・・ちがッ、普及させられる
数少ない・・・でも心強い頼みの綱。(TFADVじゃ同年代の布教は無理。)
それがこんな状態じゃ私ゃ・・・ドタッ・・・(失神)







この商品で私が一番気に入ってる画像。映画のワンシーンにありそうでしょ。
でも、さっきの画像と変わり映えしないのが・・・惜しい・・・!惜しいよッ!















まぁ、何て言うか、ある意味救いかもしれないのが
テンバイヤーの暗躍によって8/2現在、コレは多くのファンの手に
渡りづらい状態になっているという事でしょうか。


なぁ諸君?TFに散々振り回されてきたけど、
それでもどうしようもなく好きだという兄弟諸君?
我々はMPMオプの再販、リデコが出る予想はついているわけだ。
だからテンバイヤーさんには悪いんだが(皮肉)今回は物欲を封じ、
次回の多々買いに備えるというのはどうだろう。


あ!!そんなコトどーでも良いんだった!
MPM-4オプティマスの凄いところがあるんですよォ~。
それは値段!! ナント15,000円!!


いや、高いですよ?
でも、想像していたより安い!
これはMPM3ビーの時にも言いましたが安い!
今のTFトイ、他メーカーフィギュアの値段を
考慮するとこれは驚くべき値段です!


まぁ、私はMPブランドは高くてもイイ物が欲しいときに買うので
「20,000出すから腕を赤くしてくりゃさい!」と言いたいです。
MPは塗りたくないのよ、なんとなく・・・!
あ、一句できた?










トランスフォーマー 公式サイト






ハズコン限定アイテムがいくつか公開されています。
個人的に物欲が刺激されてしまったのはアーシー
(この記事の画像元はこちらです。)



TR版ブラーのリデコですね。
男性TFを女性のアーシーに作り変えているのですが
ブラーが華奢な体型なので私は概ね違和感なしです。
強いて言うなら、肩幅があるように見える、かも?


しかし、何よりイイのは顔ですよ!
日本人から見ても可愛らしく見える部類の顔だと思います。







ビークルモードは初代がベースではあるものの結構強めのアレンジかと
歴史あるキャラクターが今風にアレンジされているのを見るのが好きな
私としてはこういうのは大歓迎です。で、日本版は更なるリデコで
結局は初代激似アーシーになるってオチなんでしょw?







ヘッドマスターはウルトラマグナス。そして、エクセルスーツかな?
ウルトラマグナスはヘッドモードデザインが気になります。


エクセルスーツは日本ではレジェンズ版バンブルに付属していますが、
ヘッドマスターの頭部がクリアパーツなのが新鮮なポイント。
このハズコン限定の物はシルバーで塗装されていますね。
中がクリアパーツじゃないとしたら強度はこちらが高そう。
まぁ、塗装がはがれる可能性のほうも結構高いわけですが。







キャノピーを展開して運転手の乗り降りができます。
ピストルを2丁とも機首先端に付けれるのもスバラシイ。







気になったのは肩の可動
肩のボールジョイントがあまり機能しないのか、
腕を横に向ける動きを内側の軸可動で賄っているようです。
結果的に肩の位置が上に上がり、なんとも男らしいシルエットに。


せっかく女性らしく見えるリデコにしてあるっぽいので
肩上部に切れ込みいれてボールジョイントを活かし、
女性らしい可動を表現できてほしかったナ。


あと、プラの白色が安っぽいような・・・
って、相変わらず神経質だな私ゃ。


まぁ、何だかんだで結局は欲しい寄りなんですw
アーシーはTFファンの間ではメジャーな存在ですから
日本版も出るだろう、と結構ポジティブに考えています。
その時には惚れ直すようなレディーになっててほしいですね。










トランスフォーマー 公式サイト






先週末にSDCCが開催されマニアは大賑わいだったわけですが
いろいろあって私は記事を書けなかったので今更ですが書き書き。
もちろん、私の記事だからTFオンリー&気に入った物オンリーです。



私の記憶にはユナイテッド版が未だに記憶に新しいジャズが新造で登場。
ブランド名をパワーオブザプライムズ(以下PoP)と改めるそうですが、
コンバイナーウォーズ系列のジョイントを内蔵していることで話題に。
うん、たしかに!手足ロボになりそうなオーラを感じますぞ!
それでいてこのスタイルの良さ!う~ん、実にイイ!


メリハリのある体格以外は初代の印象色濃いデザインもステキです。
しかし、ユナイテッド版にはあったスピーカー(ある種の武器)が
無いというのが、ちと寂しくはありますか。


個人的感動ポイントとしては、あの形状でありながら
手首にロール可動が仕込んである・・・・・・っぽいという事!
そうだとして、どの程度動くかは触るまでわかりませんが。







ビーチコンバーはリーク情報の時から期待していた1人でした!
登場回数がメチャクチャ少ないので商品化される期待が持てなかったんですが
地質学に精通し自然を愛しているキャラクターが気に入ってたんですよ。


うんうん!コイツは小さいながら可動フィギュアとしても申し分なさそうです!
バギーに変形するのでヘッドマスター搭乗時に外から見えやすいのもイイ!









今回一番の話題作ロディマスプライムも興奮するわ~~!!


ホットロッド→ロディマスプライムの進化(?)ギミックあるんですよね!
もちろん、ロボだけでなくビークルの変化も再現されています。
キャンピングカーみたいにする後付パーツをホットロディマスに
合体させることでロディマスプライムに変身できるっぽい?


なお、画像のロボはどちらもロディマスプライムです。
下のロボモード画像では胸部を展開し、マトリクスが見えています。
(キレイな画像が見つけられなかったから)載せてませんけど、
ホットロッドのロボモードもかなり格好良かったですよ!
と言うか、まさしくコレこそが理想形と言う印象!!


う~~~む、こりゃ~ヤバいな・・・
ウチのMPホットロッドの株を持っていきそうな予感。
(置き場所無いから買わんかもだけどw)







PoPシリーズを印象付けるアイテムも出てましたね。
これまでのシリーズで言うヘッドマスター、その新作みたいな物ですが、
今回は12人のプライムがモチーフでその名もプライムマスター。
ミニロボがコアみたいなものに変化し、他のロボットの
武器や体に装着できるんだそうです。


で、ミニロボはデコイスーツという物に格納することもでき、
スーツは他TFの武器にすることもできる・・・っぽいです。
(完全に画像から判断w)


画像のデコイスーツはスカルグリンですが、
ミニロボ格納状態のキレイな公式画像これまた見つけられず。
てか、ホントに無いんじゃない・・・?? 何故無いのw
そして、コアロボのリージマキシモって誰スかw?







スタースクリームは手足がもの凄くボリューミ~!
個人的にこの極端なスタイルは割と好きですが、
肩のバカデカイ武器はさすがに不恰好かも。


武器の黒い部分と薄い灰色の部分は取り外し可能で、
グレーの部分だけ付けてる画像はスタスクらしくて良かったです。
この黒い部分、(グレーの)ナルビーム砲外してミサイルポットに
見立てるほうがカッコイイ気がします。


ちなみに、コレにはプライムマスターを接続可能っぽいですが、
合体ロボの手足パーツにもなると予想する人もいるようです。
果たしてどうでしょうか?でも、確かにかなりそれっぽい!


このスタスク、変形はかなりシンプルっぽいので
巨大合体ロボの中核に変形する余地があってほしいなぁ~。










さて、今回のネタはここまで。
この記事の画像元はこちらです。












いよいよ幕を開けるPoPシリーズですが、
ロディマスのロマンあふれるギミックに
早くも心が高ぶっている私です!!


ウチではリーク情報にはあまり首を突っ込んだ話はしないですが、
つい2日ほど前にリークしてきた情報によれば、今日記事にした
内容以上の驚くべき商品展開が待っているようです・・・!!
まぁ、リーク情報の信憑性は言わずもがなですが、
いやァ~、アレは真実であってほしいなぁ。


2018年も我々の戦い(多々買い)は熾烈を極めそうですw










トランスフォーマー 公式サイト






昨夜、久々にマビノギのイベントに参加。
ギル員からイベントが残り2日しかないとの報告を受けて急遽参加ですw



我々が「スイカ“シバき”合いイベント」と呼ぶこのイベント。
赤青チームに分かれて互いの陣地のスイカを奪い合うというもので、
スイカを奪っている敵の動きを封じるために攻撃も許されています。
さながらボールの数がやたら多いラグビーみたいな感じ?
実は以前にも参加したことがあるイベントです。


ちなみに、アバターはアニメ「SAO」のキャラに見立てています。
右からシリカ、クライン(私)、アスナとなってますよ。
そう!今、私たちの心はあの世界にフルダイブしていたッ!







ちなみに、私はアオオニなのに赤が好きという
悲しい運命を背負っているわけですが、イベント開始直前まで
敵のブルーチームの人数が多かったので心は揺らいでいた・・・ッ!


それにしても過疎ってるねこのイベントはw
こっちのチームなんてほぼギルドメンバーで構成してるし。
ハッ・・・むこうのチームも・・・なのか・・・!?





 

日が暮れるころ、シバき合いは始まりました!
・・・と思ったら、なんだこのアンチシバき合いイベントは!?
誰も戦おうとしない・・・?これはスイカ運び業者イベントか!?







途中、ギル員がブルーチームのヘイトを一手に引き受けるという
珍技にでるも、ビミョ~~にブルーチームとの差が埋まらない!
(てか、そのせいで差がついたよ~な気がするんだけどw)







負けたーーーー!
ヽ(^^)/


でもね、負けても報酬もらえたんですよ。
結構当たりっぽいアイテムをもらえたフレンドがいたので
ついでにリゾート気分を満喫しているギル員の図。(でも遠い目?)







ヒャッハァァーーーーーーッッ!!!!!
(*゚∀゚*)-3



自分以外全員女性という神シチュエーションにより
一線を超えそうな団員の気配がしたけど私は見てないからね!
あぁっ!?手が勝手にSSボタンを押していただと・・・!?


しっかし、周りにいる女性はネカマというリスクを内包してるわけで、
それを承知でヒャッハーしちゃうなんて重度の変態がいたもんよ。
いや、でも最近そういう属性のキャラちょくちょく見るような?
どこかには需要があるんだね!きっと!










さて、せっかく久しぶりにマビノギネタだったんで
ここ数か月の思い出を小出しに記録しておこう。
うん、今しておかなきゃいけないんです(切迫)!



SAOのクラインを目指して整形手術を受けたメインキャラを
今度は課金整形が無料のイベントを利用して、更に
クラインっぽくしてみましたがどうでしょうか?







オーディナルスケールのユナも製作中です。
でも、頭飾り、良いのが見つからないんですよ~~。







しかし、私は気付いた・・・!
白ユナならいけるんじゃないかと・・・!
という訳で、フード付きミニスカの衣装を白に染色。
うむ!純白2に準純白1か、染色の腕は衰えていないな私!







結果、オドロキの白さにwww!!
これじゃ幽霊ダヨ。(間違ってはいない)







1人の時は「進撃の巨人(?)」ごっこ
うわーーっ赤い巨人が来たぞーーーっ。
って、クオリティが低すぎるでしょコレw
しかも、なんで裸でやらなかったんだ私ゃ。





見下ろすとこんな感じw
遠近法で特定のモノを大きく見せるSSを
撮れないかという実験なのでした。







インターフェイス(地図とか)OFFにして砂漠探索もしたなぁ。
これはロマン感じる(自主)イベントだった・・・!





あえて方向音痴な人をリーダーにしてそれに付き従うメンバー。
(方向音痴でなくても割と大変な探索なんですけどねw)
日が・・・暮れていく・・・。







いろんなダンジョンに潜ったな~。
ここは今の時期にピッタリな肝試しできそうな雰囲気。
でも、我々の自主イベントはSAOに準拠しているので
肝試しイベントの使い道はなさそう?







おぉっ!? オドロキの白さのクモ出現!







NEWS! 温暖化の影響か!? 民家付近に巨大熊出没!!







深夜まで補修を受けたこともあったっけ・・・。





しかも、そのまま朝まで折檻されたっけ・・・。


非常(非情)勤講師ブラックアスナさんが
ラフコフに通じていた時にはさすがにビビったなぁ。
それでも、補修をやり遂げた今ではイイ思い出です(笑顔)。







さすがマビノギ・・・なんか“のほほん”としてましたね。
(激しい戦闘中のSSは困難なため記録から抹消されている)


さてさて、なんで今マビノギの記録をガーーっとやったかと言うと
元ギルド長の誘いで別のゲームに手を出しているんです。星界神話?
まだ始めて十数分しかたってないミジンコみたいな存在なんですけど、
フレンドはもうヤル気満々のピラニア状態なんで、私もしばらくは
神話の世界にお邪魔してこようかと思います。むしろ、それで
私がピラニア化できそうだと良いんですがw


問題はSSの撮り方が解らんという事ですわ・・・(涙)。











マビノギ 公式サイト





カウンター
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
9 10 13 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
アオオニ
性別:
男性
趣味:
玩具いじり
アクセス解析
忍者アナライズ